脂漏性湿疹とは、顔や頭皮に炎症が起き、頭皮に症状が起きた場合はフケがたくさん出るなど見た目に出てしまう症状が引き起こされます。ケトコナゾールはそんな脂漏性湿疹の治療に用いる抗真菌剤です。

脂漏性皮膚炎の症状と原因、ケトコナゾールという解決策

脂漏性皮膚炎の症状は、痒み、フケ、頭皮湿疹があげられます。特に頭皮を触ってみてベトつく感覚を覚えた人は、脂漏性皮膚炎の可能性が高くなります。症状に痒みがあることから手で炎症がある部分を触ってしまい、さらに悪化してしまうケースがありますので、気を付けなければなりません。

主に原因としては、真菌になります。脂漏性皮膚炎を引き起こす真菌は、皮脂を好んでおり特に頭皮は皮脂が多くある場所であり、真菌が活動をしやすい環境になります。それらの真菌は誰もが持っているものであり、皮脂が多いときに活動を活発化させることから真菌の活動を抑える頭皮環境作りが求められます。

その原因と症状を抑える対策として、ケトコナゾールに効果があります。ケトコナゾールは抗菌作用があり、皮脂を好んで頭皮で活動する真菌を殺菌してくれる効果あります。ケトコナゾールは炎症を起こした部分に直接塗布するタイプ、またシャンプーに含まれた商品などがありますので、いろんな角度から原因を排除してくれるでしょう。

また脂漏性皮膚炎は、一度症状が治まってもまた症状が出るということが多いです。よって治療を成功したと思っても、シャンプーなどで真菌の活動を抑える対策が求められます。ケトコナゾールが配合されているシャンプーは、抗菌作用を高めるために、泡の状態で数分間放置することが求められ、また洗浄力は強いことから毎日使用するのは推奨されていません。症状に合わせた使い方が求められます。

また免疫は落ちているときなどは、さらに症状がひどくなることがありますので、日頃の食生活などを見直し、快適な睡眠や適度な運動などを取り入れて脂漏性皮膚炎を悪化させない体内環境も重要です。