脂漏性湿疹とは、顔や頭皮に炎症が起き、頭皮に症状が起きた場合はフケがたくさん出るなど見た目に出てしまう症状が引き起こされます。ケトコナゾールはそんな脂漏性湿疹の治療に用いる抗真菌剤です。

皮膚炎の治療に用いられる薬でケトコナゾールとは

皮膚炎の治療に用いられる薬でケトコナゾールは、真菌を殺菌する塗り薬です。
主に、水虫やカンジダ症の治療に用いられています。

このような皮膚真菌症の治療に用いられていますが、有効成分は、ケトコナゾールというイミダゾール系の抗真菌薬です。
こちらは、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌作用を特徴としているので、水虫の原因菌である白癬菌やカンジダにも有効だと実証されています。
殺菌作用があるので、これまで治りが悪かった水虫の方でも、きちんとした治療を継続して行けば完全も出来るようになっています。

また、ケトコナゾールは、 脂漏性皮膚炎に効くことが分かっています。
脂漏性皮膚炎の原因の一つとして真菌の関与が推測されているために、このケトコナゾールの作用が有効です。
一般的には、1~2週間の塗布で、脂漏性皮膚炎の諸症状の軽減が期待できます。

ケトコナゾールには、クリーム、ローション、スプレー剤の3種類が販売されています。
症状や部位、使い勝手の良さなどを考慮して使い分けが出来るメリットがあります。
広く用いられているのはクリームです。
湿潤している部位の場合には、特にクリームが塗布しやすいでしょう。
ローションは浸透力が良い分、刺激を受けやすいというデメリットもある方もいます。
反面、浸透力が強いので、皮膚が厚く角質化している部位に適しています。

このような皮膚炎の治療には、優れた効果が期待できる薬ですので、症状や部位に合わせて処方してもらうことで、治療もしやすいメリットがあるのが、ケトコナゾールです。
水虫やガンジダ症で悩んでいる方は、自己判断で治療を行うよりケトコナゾールであれば、効果が期待出来る薬ですので医師の指示に従って、適切な量を塗布していくことで完治を目指せます。