脂漏性湿疹とは、顔や頭皮に炎症が起き、頭皮に症状が起きた場合はフケがたくさん出るなど見た目に出てしまう症状が引き起こされます。ケトコナゾールはそんな脂漏性湿疹の治療に用いる抗真菌剤です。

ラミシールは他にもいろいろな疾患に効く

ラミシールは水虫以外にもカンジダなど様々な疾患に効果が期待できる薬です。
テルビナフィンはアリルアミン系の抗真菌薬で、水虫の原因である白癬菌への抗菌作用が強い特徴があります。
テルビナフィンは水虫以外にも、頭部白癬、股部白癬、カンジダ症などに効果的で、塗った後に患部に留まる性質があるため1日1回塗布します。

頭部白癬などはカビの一種の白癬菌によって引き起こされる皮膚疾患で白癬菌は水虫の原因菌です。
白癬菌が感染する部位によって病名が異なり、手や足に感染すると水虫、爪に感染した場合は爪水虫、頭皮に感染した場合は頭部白癬、股に感染した場合は股部白癬となります。

ラミシールはテルビナフィンとも言い、病院で処方される塗り薬で、アリルアミン系抗真菌薬という薬です。
カンジダ症のカンジダ菌は常在菌ですが、ストレスや疲れなどで免疫力が低下している時に発症しやすくなり、特に水仕事をしている場合には指の間に生じたり、陰部や股間など密閉された部位に生じやすいものです。

ラミシールは液体やクリームなど塗り薬を患部に塗布することが多いですが、塗り薬では改善しない場合には錠剤で治療することもあります。
にも体の内部に入ってしまった真菌症や爪白癬などに処方されていますが、飲み薬は全身に作用をするため副作用の注意があります。
特に肝臓病がある場合には注意が必要で、肝機能障害や血液障害などの副作用の可能性があります。

そのため肝臓病など疾患がある場合には医師に相談することはもちろんですが、一般的には飲み薬での治療の前には血液検査などで肝臓の状態などを確認したり定期的に血液検査をすることがあります。
クリームや液体タイプは全身に投与するものではないため、副作用も局所に留まるため全身性の重篤なものはありません。
接触性皮膚炎やかゆみなどを感じる副作用があってもラミシールの使用を中止することで改善します。